増毛はAGA治療薬の副作用を避けたい人におすすめ

増毛はAGA治療薬の副作用を避けたい人におすすめ

薄毛の悩みを抱えている男性がその悩みを解消しようとすると選択肢が限られてきます。男性の場合、薄毛の原因のほとんどがAGA、男性型脱毛症です。このAGAを治療するための医薬品が存在しているのですが、実は副作用が存在しています。

 

医者

 

AGA治療薬の副作用はどんなものがあるの?


 

現在、日本で認可を受けているAGA治療薬は、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。それが臨床試験において薄毛の改善効果が副作用として認められたことから、改めて成分の調整を行われたものが利用されています。

 

男性ホルモンが還元されることを防ぐ効果があり、抜け毛を減らす効果を期待することができます。臨床試験においては被験者の7割に改善傾向が見られたとのことですが、副作用も多くあるようです。最も深刻な副作用が勃起不全や性欲の低下でしょう。

 

こちらも男性にとって深刻化しやすい悩みではありますので、注意が必要です。他にもじんましんや倦怠感などの報告もされています。副作用そのものが起こる確率は低いとのことですが、中には肝機能障害があったとするケースもあるのです。

 

また、AGA治療薬といっても薄毛を完治させる薬ではないことを知っておきましょう。飽くまでも服用している期間は抜け毛が出にくくなるというものであり、服用をやめれば元に戻ってしまいます。対症療法的な治療薬であることも合わせて覚えておいてください。

 

AGA治療薬よりも増毛が良い?


 

AGA治療薬は効果があるかもしれませんが、それは先述のように対症療法にしか過ぎません。現在のところ副作用のことなども考慮すると、毎回検査を受けた上で飲み続けることができるのは2年間程度だそうです。

 

つまり、その後は服用できなくなる可能性が高いので、薄毛の悩みもまた復活してしまうかもしれません。また、副作用のことが気になるのであれば、治療薬という手法を取るよりも増毛を選択する人も多くいます

 

増毛とは端的にお伝えしますと、人口の毛髪を髪の毛や頭皮につけることで増やしていく方法です。近年では技術力の進歩からか一見しただけでは、本物の髪の毛と見分けがつかない人工毛髪が開発されています。

 

増毛であればメンテナンスなどの必要はありますが、そもそも副作用を心配しなくても大丈夫です。身体への影響がないというだけでも大きな魅力になるでしょう。本物の髪の毛を生やすということではありませんが、それでも見た目には大きく改善できますので、選択肢の1つとして覚えておくべきです。